2017年12月31日

今年もありがとうございました。

今年ももう終わり。
こんなつまらないブログですが見に来てくれる人、今日だけでも来てくれた人ありがとうございました。
来年もできるかぎり更新していきますのでよろしくお願いいたします。
いつものように適当ですけどね。

また来年あいましょう。


posted by kukuroro at 15:09| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

【やってみた】ミステリー?推理ゲーム Her Story をプレイ!

Her Story.png

開発元:Sam Barlow
パブリッシャー:Sam Barlow

Steamにて販売
http://store.steampowered.com/app/368370/Her_Story/


1994年のイギリスで、一人の男性が行方不明となる事件が発生した。

その男性の妻とされる女性に対する事情聴取は数日間、7回にも及び、その際に録画された映像は警察のデータベースに保存されている。

プレイヤーは警察の端末を操る人物となり、分割された事情聴取映像を元に事件の手がかりを探っていく。

動画内に散らばるキーワードを元にデータベースを検索し、事件の真相を導き出しましょう。



ふと推理するゲームがしたくなった。
Steamを巡るとこのゲームが目に入り購入。
クリアしたのでちょっとしたレビューのようなものを書く。
少々のネタバレあり。


超低予算?意欲的インディ作品!

このゲームはインディ作品だ。
低予算のなかアイディアを活かし勝負に出たゲームだろう。

そんなHer Storyだがプレイ方法が独特。
プレイヤーは自分で"検索"しながら断片的な情報から物語の真相を探ることとなる。

Her Story 1.png

こちらがプレイ画面。
気になるキーワードを実際にタイプすることで関連情報が得られる。
その情報をつなぎあわせて真相を知るのである。

この発想は面白い。
ほとんどの"推理ゲーム"はプレイヤーから"検索(調べていく)"行為はほとんどできず、一方的に情報を与えられるばかりだ。
しかしこのゲームは自分から気になることを"検索"して進めていかなければいけない。
推理ゲームでこのようなシステムは面白い。

もっとも調べられる内容には限界があるし、最終的にはゲームである以上、情報は一方的に与えられるのみである……
それでも他の推理ゲームからは一線を画す内容と言えそう。


致命的な弱点?いきなり真相へ?

上記のシステムはとてもいい。
しかし弱点もあり、それは核心をつくキーワードをいきなり検索してしまう可能性である。

普通にプレイすると【検索】→【気になる情報を得る】→【検索】を繰り返すので、いきなり核心をつくようなキーワードを検索する可能性は少ない。
だが当然0%ではないので……ということである。

実際にプレイした自分はいきなり核心に近づいてしまい「もう少し考える余地を……」となった。
それでも謎が残る作品となっており、クリアしてなお「もしかしたら違うのか?」と思う部分がある。
もっともそれは製作者にしかわからない謎のようなものだが……


実写ゲームで、その演技力は高く評価されているようだ。

実写のゲームで容疑者の女性が登場。
英語音声による日本語字幕なので演技力の評価は日本人の自分には難しい。
しかしSteamのレビューや開発者などには高く評価され、プレイした自分は違和感なくプレイができた。

Her Story 2.png

素人役者とは思えない……雰囲気たっぷりである。


ボリュームは少なく、推理要素も薄いかも?

ボリュームは少ない。
人によっては数時間で終わってしまうだろう。
インディなので仕方がないし、そのぶん値段も安いので気軽にジュースでも買う気分で購入するといいかもしれない。

あまり膨大な量にすると"検索"するシステムと相性が悪いのもあるかもしれない。

そして肝心の推理要素は薄いです。
本格的な推理!を求めている人にはオススメしない。
この物語の真に考えさせられる部分はトリックや犯人ではない……と言っておく。
あと検索ワードに悩まされるだろう。


Her Storyをやってみて。

面白いか?面白くないか?で言えば面白かった。
しかし派手な演出や、本格推理を望んではいけない。
インディ作品なので比べるのも酷というものだが「かまいたちの夜」でもやったほうが楽しめると思う。
推理が〜とかではなくゲームとして楽しめるという意味で……

大きな物を求めないのならプレイしてみる価値はある。
人によっては「うお……」となるような驚きを得られることだろう。

Steamにて販売
http://store.steampowered.com/app/368370/Her_Story/


【中古】かまいたちの夜 特別篇

価格:518円
(2017/12/30 19:35時点)
感想(0件)


ラベル:Steam
posted by kukuroro at 19:42| Comment(0) | プレイゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

【艦隊これくしょん】秋雲先生の笑顔爆発?でもちょっとお疲れ気味だな。



艦これ運営ツイッターアイコン 秋雲.jpg

秋雲先生お疲れ様。
笑顔が眩しいですね。
やり終えたものは……まぁアレなんでしょうが……
なんにしてもやり遂げることはすごいことです。

秋雲先生の腕前はどれほどなのだろうか?
ちょっと1枚描きあげたのを見てみたいですね。
秋雲先生の薄い本の販売があっても……いいぞ!

ところで秋雲の服装って落ち着ているよね。
ちょっと年上に見えるっていうか、お姉さんっぽいっていうか。
泣きぼくろもあってか、大人びた印象もある。
でも通常の秋雲グラを見ると……

艦これ図鑑 秋雲.png

元気な駆逐艦だね!となる。
こういうギャップもいいところか?
それともちょっと歳取って落ち着いたのかな?
秋雲も実装から長いつきあいになっているしね。

改二になると大人っぽくなる娘が多いので、秋雲もその傾向にあるのかもしれない。
秋雲改二……まってます!


艦隊これくしょん -艦これー 4コマコミック 吹雪、がんばります!11 (ファミ通クリアコミックス) [ 桃井 涼太 ]

価格:702円
(2017/12/29 22:25時点)
感想(0件)


ラベル:艦これ 秋雲
posted by kukuroro at 22:27| Comment(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

【やってみた】RPG いけにえと雪のセツナ をプレイ!

いけにえと雪のセツナ.png

開発 Tokyo RPG Factory
販売 スクウェア・エニックス
公式サイト http://www.jp.square-enix.com/setsuna/
“とりもどそう。ボクたちのRPG”がコンセプト。


その島には、古来より伝わる習わしがあった。

 十年に一度いけにえを捧げ、魔物の被害を抑制する。このいけにえの儀式により、島の平穏は保たれてきた。

 ところが、次の儀式の年を待たずして、魔物の被害が急増し始めたのだ。

 事態を重く見た島の人々は、例外であるものの再度いけにえを捧げることで魔物たちを鎮めようと考えた。

 いけにえの名は“セツナ”。極めて高い魔力を持つ18歳の少女。いけにえの儀式が行われる“最果ての地”へ“セツナ”は護衛隊とともに旅立ってゆく――。


少々ネタバレするので気をつけてください。

このRPGは12月24日から26日にかけてプレイした。
寂しいクリスマスに楽しいRPGを……そういうことだ。
パッと見て雰囲気いいし、雪の感じがぴったりだったので手に取った。

いけにえと雪のセツナ PTメンバー.png

こちらが全PTメンバー。


絶望も悲壮感も足りない?

主人公でありプレイヤーの「エンド」とヒロイン「セツナ」が主だが、他のキャラクターも背負う物があるストーリー。

タイトルにあるようにヒロイン「セツナ」はいけにえになることが決まっている。
この悲壮感を背負いながらプレイすることになるので、少し暗い雰囲気が好きな人向けかもしれない。

個人的にはもっともっとプレイ時間が増えてもいいので厚いストーリーにしてほしかった。
キャラクターに感情移入できるシーンが少なく、悲壮感や絶望感、それらに立ち向かうシーンが薄く見えてしまう。
伏線と呼べるようなものも少なく、なにか重大なことが起こっても「突然どうした?」となったり「そうですか……」という程度にしか感じなかったりする。

キャラクターに魅力を感じる時間が無さ過ぎし、イベントも出来の悪いものを継ぎ接ぎした感じで、いま一歩という感想。
ぶっちゃければ「短すぎるFF10」かな。

ここはいいな!と思ったのはプレイ時間の短さ。
全クリアまでだいたい20時間かからないぐらいだろう。
寄り道ややり込みをすれば増える。
どうやら意図的に短くしたらしく、そのおかげか道に迷うようなこともなく、レベル上げも必要ない。
ガッツリとプレイする人にはオススメできないが、RPG初心者という人にはぴったり。
RPGはやりたいけど長時間は……という人にはいい。


クロノトリガーのオマージュ?

クロノトリガーのオマージュが強く、エンドは一言も喋らない。
選択肢があったり頷いたりとアクションはする。
戦闘システムや雰囲気にいたるまで影響を受けており、完全にクロノトリガー。

いけにえと雪のセツナ 戦闘シーン.png

ATBシステム搭載しているのも一緒。
連携もあり範囲攻撃もあり。
進化した部分もあるが、個人的にはパッとしない印象のものばかり。

敵の強さもアンバランス。
必勝パターンをつくれば終始余裕だが、そうしなければ少々面倒。
RPGに馴れている人には退屈な雑魚戦。
むしろ強い行動は縛ったほうが楽しめるかも?
逆に馴れていない人は突然死んだり……セーブポイントからの復帰なので、それも少々苦痛だろう。

いいところは主人公ですらPTメンバーから除外できるところ。
"主人公"だから絶対に使用!という堅苦しいところがないのは嬉しい。

その他諸々クロノトリガーとなっており"物語はFF10""システムはクロノトリガー"という感じ。


フィールドは雪、雪、雪!

いけにえと雪のセツナ フィールド.png

このゲーム、全てのフィールドが雪!雪!雪!なのである。
最初のうちは雰囲気よく「いいね!」と思えるのだが、次第に「景色が一緒でつまらん……」に変化してしまった。
製作費削減、販売価格低下のための処置だろうが「うーん」と思わなくもない。

またこれのせいか敵キャラの属性把握が面倒だった。
雪MAPしかないので全敵「水属性」にしか思えず、属性という設定があるにもかかわらずプレイヤーにイメージさせられないのは残念ではないだろうか?


面白いの?と聞かれたら……

最大の問題は面白いのかどうかである。
本音で言えば「70点」かな……という感じのゲーム。
悪いとは言わないが、良いというには足りなすぎる。

“とりもどそう。ボクたちのRPG”というコンセプト自体には成功していると思う。
しかし、とりもどす相手は名作なわけで……名作を相手にするには力不足。

これならFF10でいいしクロノトリガーでいい。
プレイ時間に余裕がなく、ササッとプレイしたい人はどうぞ。


いけにえと雪のセツナ PS4版

価格:4,406円
(2017/12/28 21:36時点)
感想(1件)


ラベル:RPG
posted by kukuroro at 21:47| Comment(0) | プレイゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

【艦隊これくしょん】長波様が改二!中破絵がたまらんの!

どうやら新たな駆逐艦改二は長波だったようだ。
さっそく改造してきたぞー!

長波改造.png

レベルが低く心配だったが無事に改造可能。
改造設計図と戦闘詳報が必要とあり難易度は高い。
量産は不可能か……?

長波改二.png

そして長波改二爆誕!
背景がいまだクリスマスなのは黙っていてくれ……

ちょっとお姉さんになった感じですが、勢いはそのままの長波様。
こいつはたまらんぜ。
なんだかんだで大好きだよ。

長波改二 中破.png

脱がせてきた!
長波改二の中破絵は胸が大きくて……足とかもいいね。
なんかセクシィである。

そして気になる兵装「12.7cm連装砲D型改二」

KanColle-171227-22105919.png


なかなかいい性能していますね。
だがこの装備の真価は普通に使うことでは引き出せない。




運営のツイートにあるように電探と一緒に「長波」「島風」装備で新の能力を発揮するようだ。
これは長波様の時代がきてしまったな!

新しい年がすぐそこまできています。
艦これも冬イベントに向けて準備。
長波様が活躍しそうな雰囲気なのでしっかり育てておきましょう!

艦隊これくしょん -艦これー 4コマコミック 吹雪、がんばります!11 (ファミ通クリアコミックス) [ 桃井 涼太 ]

価格:702円
(2017/12/27 22:21時点)
感想(0件)


ラベル:艦これ 長波
posted by kukuroro at 22:22| Comment(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

【艦隊これくしょん】水上戦闘機を増やす!そして……秋雲先生登場?明日のメンテが楽しみ!

次回イベントに向けて準備の毎日。
水上戦闘機の重要性が増してきたと考え、多少なりともパワーアップを考えた。

クリスマス瑞穂の改修.png

クリスマスモードの瑞穂を使って改修!
そして出来上がるのは……

水戦.png

これ!
ネジの消費が少々痛いが確実に使える便利装備。
これが一つでも多いと楽になるに違いない。
2018冬イベントも負けずに甲難易度をクリアしたいものである。


そして気になるのは明日のメンテナンス。
どうやら新改二が登場するようだが……



主力of主力の駆逐艦……いったい誰なんだ……

運営のアイコン画像は秋雲先生に見えますが、秋雲が改二?
それも可能性としてはあるのだろうか?
うーん、これは楽しみですね!

艦これ 秋雲運営アイコン.jpg



フジミ 1/700 日本海軍陽炎型駆逐艦 不知火/秋雲(開戦時) 2隻セット プラモデル 艦NEXTシリーズ No.11 ※新金型 【3月予約】

価格:2,980円
(2017/12/26 20:10時点)
感想(0件)


ラベル:艦これ 秋雲
posted by kukuroro at 20:11| Comment(0) | 艦これ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。